大人のための音楽教室「MIKIミュージックサロン」のブログ

大人のための音楽教室、三木楽器 MIKIミュージックサロン。梅田・西梅田・心斎橋・なんば・三宮に5つの会場を持つ音楽教室です。

大人のための音楽教室、三木楽器 MIKIミュージックサロン。梅田・西梅田・心斎橋・なんば・三宮に5つの会場を持つ音楽教室です。

スタッフ向けアコーディオン研修を実施致しました!

こんにちは!先日、なんばパークスサロンにて、スタッフ向けのアコーディオン研修を実施致しました。

中村メイ講師にお越し頂き実施されたアコーディオン研修は、三宮・梅田・なんばパークスサロンのスタッフが参加しました。目にしたことはあるけれど実際に弾いたことは無い、そんな未知の楽器『アコーディオン』について学び、実際に演奏もさせて頂きました。本日は、研修の様子を皆様にお伝え致します!

 

はじめに、アコーディオンの歴史や構造などの説明を受けました。皆様ご存知かもしれませんが、アコーディオンはハーモニカと同じ気鳴楽器に分類されます。※ハーモニカと同じフリーリードで、穴を塞ぐ蓋の一つ一つにリードが設定されています。

 音が鳴るまでの流れは、①鍵盤またはボタンを押す→②鍵盤、ボタンに直結しているふたが開く→③空気がリードに流れる、となっております。蛇腹を広げると掃除機のように外の空気を取り込み、戻すと扇風機のように空気を押し出し、音量に変化を付けることができます。

研修では楽器を分解して、普段中々目にすることがない楽器の内部も拝見しました! 

f:id:mmsnamba:20180803185239j:plain

f:id:mmsnamba:20180803185231j:plain

楽器の内部には、たくさんのリードが並んでいます。一つのアコーディオンにこれだけ沢山のリードが使用されていることに驚きました!外見だけでなく、内部も美しい楽器だと感じました。

 

また、楽器についてだけでなく、アコーディオンで演奏されることが多い音楽ジャンルについてもお話しを伺いました。お客様がアコーディオンで演奏したいと仰るのは、歌謡曲唱歌、タンゴが多いのですが、その他にもミュゼットやシャンソンといったフランスの音楽や、ドイツポルカカンツォーネ、ショーロ、トラッドなど、アコーディオンで演奏される曲は多岐にわたることを知りました!

 実際に弾いてみることで、演奏の難しさも実感しました。アコーディオンを構えてみると手元が全く見えないので、ボタンを押さえるのも一苦労でした。演奏するには、ボタンと鍵盤の操作に合わせて、蛇腹を広げて閉じるといった複数の動作を同時に行う必要があるため、慣れるまでは少し時間が掛かりそうです。演奏は難しかったのですが、アコーディオン独特の伸びのある素敵な音色に魅了されました!レッスンでは、鏡の前でご自身の指先を確認しながら演奏することができるので、初心者様もご安心して始めて頂くことができます。

 

そして、当サロンではアコーディオン本体と付属品の販売も行っています。担当講師とスタッフが皆様のご希望をお伺いします。生徒様のご希望やご予算に合わせてピッタリの楽器をご提案させて頂きます。 ご自身のこだわりを反映しオーダーすることも可能なので、是非気軽にサロンスタッフまでご相談ください。スタッフ一同、皆様のアコーディオンLifeを応援しています♪